夏の和装前撮りをする前に必ず読みたい!暑さ対策やメイク崩れ防止など知っておきたいこと全網羅!

DATE:2021/03/23
LAST UPDATE:2021/03/23
夏の青空を背景にピースで前撮り

春も近づきこの時期になると「夏に和装前撮りは可能ですか?」といったお問い合わせを多くいただきます。
夏の和装前撮りは対策をしっかりしていれば問題なく撮影ができますよ*
夏を制するべく様々な対応策を書かせていただきました!
これを読んで夏の前撮りの参考にしてくださいね( ´ ▽ ` )

夏の和装前撮りのメリット

美しい青空と撮れる

夏の青空を背景に歩いている前撮りカット

コバルトブルーの絵に書いたような綺麗な青空が印象的な季節。
青空と撮影できるのはロケーション撮影ならではですね!
梅雨明け直後は太平洋高気圧の勢力が持続し安定した晴天が十日間程度続くことが多く「梅雨明け十日」と呼ばれております。
青空と撮りたい方は梅雨明け十日付近が狙いどきですよ(*´ー`*)

青々とした緑が綺麗

赤の和傘を持っている前撮りカット

新緑のシーズン・梅雨を経て緑の色が深くなり夏になると青々とした緑が美しくなります。
秋に入ると色がまばらなものが出てきたり落葉し始めてしまうので緑をメインに撮影したい方はこの時期がラストチャンスです!

希望の日をおさえやすい

夏はお盆休みなど連休もあり、また有給休暇も比較的とりやすく結婚式準備をしやすい時期ですよね。
夏はオフシーズンのため土日や人気の月・金曜日も予約がとりやすくご希望の日をおさえやすいです( ´ ▽ ` )
遠方の方は帰省も兼ねて地元の大阪で撮影といった方も多いですよ*

夏の和装前撮りのデメリット

バツマークをしている女性

やっぱり暑い!

夏はやはり暑さが天敵ですね( ;∀;)
気温だけではなく衣装を沢山重ねているので衣装の暑さも心配。
気温は変えることはできませんが衣装やその他の対策は沢山ありますので次の項からご紹介します!

メイク崩れが心配

汗によるメイク崩れ!
これは本当に気になりますよね。
一生に一回の前撮りだからこそ最高に綺麗な自分で撮影したいですよね。
夏のメイク崩れ対策に関しましては【新婦さま必見 汗にも負けない夏の前撮りメイク】で詳しくご紹介しております。
是非こちらをご覧いただきバッチリの対策で撮影に挑みましょう(*’▽’*)

夏の和装前撮りはロケーション選びが肝心

階段を使った前撮りショット

夏の前撮り撮影はロケーション選びが肝心です!
夏はロケーション選びこそが撮影の質を左右するので参考にしてみてくださいね◎

おすすめできないロケーション

夏は暑さが天敵!動くだけでも汗が吹き出しますよね。
ロケーションによっては体への負担の大きい場所もあるので慎重に選びましょう!

おすすめできないロケーションその1:敷地が広いロケーション

敷地が広いとバリエーション豊富に撮れると思われがちですが、あまり広くないロケーションでもポーズや小物でバリエーション豊富に撮影することができますよ*
広い敷地だと歩くだけでも体力を奪われてしまうため夏はあまりおすすめできません( ;∀;)

おすすめできないロケーションその2:駐車場から遠いロケーション

その1と同じくこちらも移動だけでも体力を奪われてしまうためです。
ロケーションによっては一番近い場所に停めても車両侵入禁止の兼ね合いで少し歩いていただく場所もございます。
駐車場からの距離はHPに記載されることはないため依頼される業者さんにお問い合わせください◎

おすすめできないロケーションその3:日陰がないロケーション

夏は直射日光に当たっているだけでも体感温度があがってしまいますよね( ; ; )
体調を崩されて休憩が必要な際、近くに日陰がないと危険です。
万が一の事も考えてできるだけ日陰のあるロケーションを選びましょう。

おすすめロケーションその1:スタジオ・和室

和室で鶴を大きく投げている前撮りカット

夏はクーラーが効いているスタジオや和室だと暑さやメイク崩れも気にせず撮影できて安心ですね。
大阪前撮りからんではスタジオのプランはありませんがロケーションプランに比べてお安く撮れる和室プランといったお得なプランをご用意しております*
クーラーの効いた和室内で撮影できるため妊娠中の方や体力に自身のない方にも安心して撮影していただけます。
詳細は「からん和室プラン」からご覧ください(*´`)

おすすめロケーションその2:日陰が多いロケーション

日陰で扇子を持っている前撮りカット

屋外撮影のメリットはなんといっても空や植物と自然の中で撮影ができる事!
夏の屋外撮影では日差しを避けるだけでも体感温度が全く違います。
木陰の多いロケーションでは体感温度も下がり涼やかな気分で撮影ができますよ*

おすすめロケーションその3:屋内と屋外がセットのロケーション

鴻池新田会所の庭で前撮り

一番おすすめはこちら!屋内と屋外がセットのロケーションです!
屋内は日陰で涼やか、屋外は自然を楽しめ夏の前撮りでは一番おすすめです*
大阪前撮りからんでは日本建築と日本庭園が1ロケーションとして撮影ができる鴻池新田会所が人気です◎

衣装選びや着数は体調と相談する

扇子を持って微笑む新婦さまの前撮り

夏以外の時期は2着のプランが白無垢・色打掛とどちらも着れるのでおすすめしておりますが、夏は断然1着がおすすめです!
2着となると撮影時間も長くなり、それだけ熱中症のリスクもあがります。
また、衣装が重いと体力を奪われやすいため夏は軽い衣装が人気です。
白無垢は軽い衣装も多く、夏でも爽やかに見えるのでおすすめですよ( ´ ▽ ` )

時間帯選びで夏の和装前撮りを制す

初夏の緑の中で白の和傘を持っている前撮り

夏は一番気温のあがる14時頃だと30度をこえている日が多く、その時間帯での撮影は大変危険です。
午前中に撮影を開始できると3〜5度ほど低い気温で撮影ができるので夏はできるだけ早い時間からの撮影が良いでしょう。
早朝撮影は追加料金を求められる業者さんもあるのでご予約時にご確認ください。
大阪前撮りからんでは早朝料金は無料ですので安心してご予約くださいね*

夏の和装前撮りの熱中症対策

熱中症対策で大切なのは水分補給ですね。
前撮りをしていると無理をしてしまいやすくついつい水分補給のタイミングを逃してしまいがちです( ;∀;)
可能な限り水分補給のお声がけはこまめにさせていただいていますが撮影の最中でも水分が欲しくなった際は気兼ねなく仰ってくださいね*

和装の婚礼衣装は沢山重ねるため体感温度があがるため熱中症のリスクが高くなります。
少しでもリスクを軽減するため効率的に体温を下げれる首元を休憩時に冷やしましょう!
保冷剤やひんやりするグッズがあると便利ですよ◎

氷

一番大事なのは無理をしないことです!
前撮りはしなれない事の連続でついつい無理をしがち。
和装は沢山衣装を重ねており体調を崩された際すぐ脱いでいただく事が難しいため少しでも体調に違和感を覚えた際は近くにいるスタッフにお声がけください。
休憩を挟みつつ撮影も可能ですので無理はしないようにしてくださいね(*´-`)

新婦さま必見 汗にも負けない夏の前撮りメイク

メイク道具

夏は汗や皮脂でお顔がドロドロ…
写真に残るのはそんなことを感じさせない綺麗なメイクがいいですよね!
メイクの対策としてはマスク時代の必需品、メイクキープミストで皮脂や汗によるファンデーション落ちを対策しましょう。
ヘアメイクさんによっては使われない方もいるので心配であればご持参されると良いでしょう◎

汗を放置しているとメイクが浮いてしまい更に化粧が汚くなってしまいます。
撮影中こまめに汗を抑えるだけでも化粧崩れ防止になりますよ*
こすらずにティッシュで吸い取らせると綺麗に汗を拭えますよ( ´ ▽ ` )

夏はアイメイクが落ちやすい時期。
前撮りでは笑顔を沢山撮るからこそ目元が滲みやすくなります。
マスカラのメーカーや目の形でアイメイクが落ちやすい方は当日のヘアメイクさんに相談してみましょう。

前撮りでつけまつげをご希望される方も多いですが夏の場合は汗で非常に取れやすく、何度も付け直すとまつげのりで汚くなりやすいため夏はおすすめできません。
可能であれば夏の場合はまつげエクステ等をされるのが良いかと思われます◎

前撮り当日見落としがちな日焼け対策

日焼け止め

前撮りの当日は普段と違うため日焼け止めを塗り忘れがち(/ _ ; )
腕や足は衣装に隠れるため身体の日焼け止めを塗り忘れて首後ろが赤くなってしまう方も…!
新郎さまも顔が真っ赤になってしまう方も多いので普段日焼け止めを塗らない新郎さまも前撮り当日はしっかり塗るようにしてくださいね*
特に秋に挙式される方は日焼け姿を引きずらないためにもしっかり対策して前撮りに挑みましょう。

夏の前撮りは前日からの準備が大事

初夏の緑の中で妻夫の扇子を持っている前撮り

前撮りの前日は小物作成や忘れ物チェックなどで夜更かしをしがちですがしっかり睡眠を摂りましょう。
食事も撮影前だから…と減らす方も多いですが熱中症は食事でも予防できるためきちんと食べてくださいね*
当日の朝食もしっかり摂ることが肝心です。
梅干しのおにぎりと味噌汁を朝食に摂ると熱中症予防になるそうですよ( ´ ▽ ` )
夏はビールが美味しい時期ですがお酒は顔をむくませてしまうので特に新郎さまは前日飲みすぎないようお願いします(笑)

夏の和装前撮りは新郎さまのサポートが必要です

竹林の中で新郎さまが立っている前撮りカット

夏の和装前撮りは新婦さまは炎天下の中重く暑く動きづらい衣装を着用しています。
前撮りをしてる間、皆に迷惑をかけないよう無理をしてしまう新婦さまも多くフラっときてその場の人が体調が悪かったことに気づくことも。
体調など普段とのわずかな違いをわかるのは新郎さまだからこそです◎
前撮り当日は「飲み物は大丈夫?」「体調は大丈夫?」と新婦さまにこまめな声がけをしましょう( ´ ▽ ` )

休憩時にスタッフが風をあてたり水分を渡したりしますが手が回りきらないことも。
その際は傘で日除けや保冷剤で冷やしてあげたりご協力をお願いします( ;;)
撮影後はお互いに「今日はありがとう」と感謝を伝え合いましょう*

夏の和装前撮りであると便利な持ち物

初夏の緑の中で傘を持って微笑んでいる前撮り

当日は心配で何を持っていったら大丈夫か不安ですよね。
これを持っていれば間違いないといったものをリストアップしました!

水分:500mlが2人で1本あれば安心です。
ミニ扇風機:移動時間に風をあてるだけでも熱中症リスクがさがります。
汗拭きシート:ひんやりするものだとリフレッシュになります
塩分タブレット:熱中症対策には塩分が大事!甘さもあるので元気が出ます。
保冷剤:首やおでこにあてるだけでもスッキリします。

大阪前撮りからんはこれらのものを会社が用意しているのでお2人が事前に準備する必要はありません!
身軽にご来店くださいね( ´ ▽ ` )

さいごに

夏の橋の上で微笑んでいる前撮り

夏の前撮り対策、いかがでしたでしょうか?
暑い時期ではありますが夏の魅力も沢山あるのです!
しっかり対策をして緑や空が美しい季節の撮影を楽しみましょう(*’▽’*)

和装前撮りプラン一覧

大阪前撮り*からん

著者:大阪前撮り*からん

  • 〒536-0007 大阪府大阪市城東区成育5-22-6 平野ビル202
  • TEL 06-6167-6662
  • https://karan-maedori.jp/
  • OPEN 11:00~18:00